ドラクエ9極限攻略データベース
攻略チャートの目次


ドラゴンクエスト9 モンスターバトルロード すれ違い地図

バトルロード すれ違い地図入手方法

日本各地のショッピングセンターやゲームセンターに置いてある 「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」というゲームとのすれちがい通信を使って、 「シドーの地図」や「デスタムーアの地図」を手に入れる方法を紹介します。



「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」は、カードを使った対戦ゲームです。
ゲーム開始時に毎回カードが1枚手に入るので、強いカードをどんどん集めていき、
それを操作して自分のキャラをパワーアップさせ、敵を倒していきます。
1回100円(2人プレイだと200円)から遊ぶことができます。
ゲームの筐体(機械本体のこと)は、日本各地のショッピングセンターやゲームセンターに置いてあります。 置いてあるお店の一覧は公式サイトをご覧ください。

このゲームを進めていくと、「シドー」や「デスタムーア」と戦闘になります。
その戦闘中にDSのドラクエ9ですれちがい通信をしていれば、「シドー」や「デスタムーア」の地図が手に入ります。

なお筐体のバージョンは、最新の「第五章 幻の大魔王」になっている必要があります。 バージョンが何であるかは、ゲーム機の上部などに書いてあると思います。
 

大魔王ボスと戦う方法

…を説明するためには、そもそもバトルロードとはどういうゲームかの説明をしなければなりません。
ここでは地図を手に入れるために最低限必要な情報に絞ってまとめていきます。まず全体の流れから。

(1)1人プレイの場合
・第1回戦→決勝戦→魔王→大魔王
※但し決勝戦から魔王に進むには条件が必要で、魔王から大魔王に進むにも条件が必要です。
詳しい条件は知りませんが、大魔王までたどり着くのは初心者には難しいようです。

(2)2人プレイの場合
・魔王→大魔王
※こちらは魔王に勝ちさえすれば確実に大魔王戦まで進むことができます。
1プレイに200円かかってしまいますが、総合的にはお得ということになります。
そのため、以後はこの2人プレイでの操作方法を紹介していきます。

必勝法

このゲームは強いカードを手に入れて敵を倒していくゲームなので、初心者がカードの少ない状態でやっても勝てません。
そこで、「スターティングキット」を使うのがオススメ。

「スターティングキット」とは、ゲーム初心者のためのカードセットのことです。
「戦士編」「魔法使い編」という2種類があり、どちらも税抜980円で売られています。
これらはゲームの筐体の前で買うことができるわけではありません。
おもちゃやさんなどにあるようですが、 Amazonでも買うことができます。
※同梱されている「冒険の書」のカードだけで1枚500円するそうなので、そんなに高くないかも?

このうち魔法使い編には「ギガソード」のカードが入っており、これを使えば高確率で魔王を倒せます。
魔王さえ倒せれば大魔王戦に行きますが、地図を入手するには大魔王に会えばいいので、大魔王は倒す必要はありません。
魔法使い編には、以下の6枚のゲームカードが入っていました。他に「冒険の書」というカードも入っています。
表面はキラキラ加工でかっこいいです(クリックで拡大。写真だとうまく写らないのはお約束)


以後は、この「スターティングキット魔法使い編」を使った攻略法を紹介していきます。

操作方法

(1)冒険の書を作る
まずは「冒険の書」のカードに初期データを入れる方法から。
スターティングキットに入っている「冒険の書」を筐体に奥まで差し込みます。差込口は中央部にあります。
(以後ずっとそうですが、このゲームは子供にもプレイできるよう、様々な操作部分が低い位置にあります)


すると「性別」「名前」を聞かれるので、順に入力します。
 
操作方法は、手前にある剣の上部を反時計回りにひねると「決定」、 赤ボタンと青ボタンで画面上のカーソルを移動します。
名前を入力する時は赤ボタンと青ボタンを押しっぱなしにして文字を変えましょう。
なお、この名前が、後で地図を手に入れたときの発見者の名前になります。

(2)戦闘開始まで
※(1)で、お金を入れずにカードだけ入れていると、一旦カードがゲーム機から出てきて初期画面になります。
 先にカードを入れず、まず100円を入れてスタートしないとゲームが始まりません。
 ちなみに100円玉の投入口は右の低い位置です。

100円玉を入れたら、1プレイ(左側)の青いボタンを押し、カードを取ります。
カードはすっごい低い位置から出てきます。
 

次に、プレー方式を選びます。「バトルロード」(赤ボタン)→「2人プレイ」(青ボタン)の順に選びましょう。
 

「2人プレイ」を選んだら、もう100円入れて、カードをもう1枚取ります。これで準備完了。
 

(3)魔王戦
さて、いよいよ最初の戦い(魔王戦)の開始です。これにさえ勝てば大魔王が登場します。
なお、魔王として登場する可能性がある敵のうち、「ムドー」か「ハーゴン」はかなり強いので、勝率100%とはいきません。

魔王登場後、冒険の書を挿していないと、挿すよう言われます。筐体中央部にカードを挿しましょう。
 

次に、カードをスキャンするよう言われます。右の写真のようにカードを奥まで入れればOK。
「スターティングキット魔法使い編」のカードのうちギガソード以外の5枚を全部スキャンしましょう。順番はどうでもOK。
 

カードのスキャンが終わると、主人公が登場するアニメーションが出て、次に2人目の方でも同じ操作を要求されます。
まず冒険の書は、さっきと同様にカードを1枚入れればOKです。
次にカードのスキャンは、アイテムカードは1人目と同じものを入れてもOKですが、モンスターはダメです。
そこで、「スターティングキット魔法使い編」のマジカルメイス・まどうしのローブ・まおうのたてだけ使います。
後はモンスターが2匹呼べますが、このゲームを開始したときに筐体の下のほうから出てきたカードは弱いので、
それは使わないで青ボタンを押しましょう。自動的にモンスターが2匹配置されます。
 

これで戦闘が開始します。開始したら、仲間のコマンドを入力する画面になります。
ここで本来は赤か青のボタンで1Pと2Pがそれぞれ仲間3人の行動を決めるのですが、
今回はギガソードを使ってしまいます。赤と青のボタンを押さずにギガソードのカードをスキャンします。
スキャン方法は、先ほど装備品などをスキャンしたときと同じです。
 

これで、まず最初に敵に500程度のダメージを与えてからの戦闘開始になります。
ギガソードは2回まで使えるので、2ターン目も同様にギガソードのカードをスキャン。
その次からは、1Pは「ダブルアタック(青ボタン)」「フールブレイク(赤ボタン)」「ふりまわす(赤ボタン)」で攻撃しましょう。
運が悪いと勝てませんが、運がよければ勝てます。
(「つばぜりあい」や「ゆうきゲージ」を知っていれば勝率はアップします。後述)

 

魔王を撃破したら、いよいよ大魔王の登場!
 

(4)大魔王戦が始まったら
DSですれちがい通信をしましょう。
大魔王戦は放置しても大丈夫です。ただ、ゲームを終えないと冒険の書が取り出せないので、忘れて帰らないよう注意。
なお、大魔王はデスタムーアかシドーのどちらかが出ますが、シドーが出る確率はかなり低いようです(2割程度?)。

(5)魔王戦での知識
「つばぜりあい」を使って成功すると、敵を1ターンひるませて攻撃させないことができます。
味方の技を選ぶ(=ギガソードを使ったりする)時に、以下の順に操作しましょう。
・手元にある剣の先っぽを反時計回りに回す
・剣が上に上がってくるので、下に押して差し込む
・赤ボタンと青ボタンをおもいっきり連射する
但し1試合に1回しか使えません。

「ゆうきゲージ」は、右下にある丸のことです。ここに勇気が溜まると「とどめの一撃」という超強力技が出ます。
勇気ゲージを貯める方法は2つあります。
まず1つは、こちらが行動を決めるとき、素早く決めると残り時間が勇気ゲージとなって溜まります。
もう1つはこちらが実際に攻撃する瞬間、画面中央下部にボタンのマークが出たらその色のボタンを押し、
その時に光の玉が出ている間に、剣の先端を反時計回りにまわすことで溜まります。
ゲージが満タンになると、機械の中央にある天空の剣がせりあがってきます。
このとき、好きなカードを一枚読みこませてから剣をつきさすと、「とどめの一撃」が出ます。
とりあえずギガソードを挿せば一番強いダメージ(3000強)が出るようです。






ドラクエ9極限攻略データベース